はるちゃんのお散歩日記

はるちゃん(我が家の愛犬パピヨン)とのお出かけの記録&プラムの口うるさい旦那へのボヤキです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青の炎

110901-1.jpg

貴志祐介さんの「青の炎 (角川文庫)」を読み終わりました。

平成14年に発行された本なので、かなり前のものですね。
でも、内容は、全然古い感じがしなかったです。

嵐の二宮和也さんが、19歳の時に、映画化されたようです。
松浦亜弥さんも出てました。

映画のことは知らずに買ったんです。
読む前に、何人から、映画化されていた話を聞いたので、ニノとあややを当てはめながら読みました。

貴志祐介さんの本は、ホラーとか、怖い話が多いんですね。
青の炎は、その中では、比較的、読みやすい内容でした。
でも、ハラハラドキドキして、面白かったです。

映画もレンタルして、見てみたいです。
近所のレンタルショップが閉店してから、ほとんどレンタルしなくなりました。

同じマンションのお友達は、運動がてら、30分くらい歩いてレンタルしてくるそうです。
マンガも借りたりするそうです。

私もそれくらい行動範囲を広げたいな。

[ 2011/09/01 22:48 ] | TB(-) | CM(3)

雑誌「あるじゃん」に掲載された

110821-1.jpg

あるじゃん 2011年 10月号 [雑誌]」に、「はるちゃんちの節約生活」が掲載されました。
70ページ目の「浮かして、もらって、プチ稼ぎスゴワザ37」のコーナーに紹介されています。

すべて、ツテがメールや電話で取材に答えて、すごくステキな記事になりました。
私が、すごい節約家のように紹介されて、何だか申し訳ない気分です。

私の後ろ姿と、はるちゃんの顔が写っていて、「はるちゃんさん」と紹介されています。

良かったら、見てくださいね。

それにしても、雑誌を見ていると、他の方の記事が、参考になります。
みなさん、すごいですね~。

これからも、無理のない範囲で、節約していきたいと思います。

[ 2011/08/21 21:40 ] | TB(-) | CM(6)

東野圭吾さんの「悪意」

東野圭吾さんの、「悪意」を読み終わりました。

ずいぶん前に買った本で、ツテが先に読んで、「面白かったで~」って言っていたんです。

私も読み始めたら、何となく最初の方は、読んだことがあるんです。
ツテにそのことを言うと、「途中までしか読んでないんとちゃう?犯人知らないやろ?」って言うんです。
確かにそうかも。

最初の方は、そんなに進まないんだけど、途中から、ハラハラしてきます。
「新参者」や「赤い指」で阿部寛さんが演じていた、加賀刑事が出てくると、面白くなります。
加賀刑事が出てくると、阿部寛さんを想像しながら読んでいました。

ラストは、意外な感じでした。

久しぶりに読んだけど、読書はやっぱりいいですね。
家の本棚にある、まだ読んでいない本も、この調子で、読んでいこうかと思います。

[ 2011/06/28 21:44 ] | TB(-) | CM(4)

謎解きはディナーのあとで

110329-1.jpg

ベストセラーになっている、東川篤哉さんの本「謎解きはディナーのあとで」を買ってみました。
短編で6話になっています。
ツテのスマートフォン、「Xperia arc SO-01C」で写真を撮りました。

ツテが入院中に読みたいって言うので、早めに読もうと思っていたんだけど、これすぐ読めそうです。
今は、2話目を読み終えたんですけどね。
すっごく面白いです。

殺人事件なのに、コミカルなんです。
地下鉄の中で読んでいたら、可笑しくて、吹き出しそうになりました。
ほんっと、おすすめです。

話は変わるけど、昨日、スポーツクラブに行って帰ろうとしたら、受付の女の子が、「○○コーチが、プラムさんって生きてて楽しそうだよね、って言ってましたよ」って言うんです。
○○コーチとは、20歳過ぎの、地味目のイケメンなんですが、私がいつも楽しそうで、幸せそうに見えるらしいです。

これって、褒め言葉なのかな?

でも、楽しそうって、思ってもらえるのって、嬉しかったです。
ツテには、「俺が行けないから、羽根を伸ばせていいやろ?」って言ってます。

ツテはいったん、3月でスポーツクラブをやめて、完治したら、また復活するそうです。
体重は増えていないみたい。

早く、また一緒にプールに入れればいいな、って思います。

[ 2011/03/29 20:08 ] | TB(-) | CM(4)

「悪の教典」の感想

100906.jpg

昨日夜中までかかって、「悪の教典」を読み終わりました。

これは、ものすごい本です。
こんなことが現実に起こったら、怖くてしょうがないでしょう。

でも、一言で言うと、面白い!
そして、読みやすいです。

前半はちょっとゆっくり読みました。

後半に入ると、これがホラーなのね、って感じで、怖いんだけど、とまらないです。
王様のブランチで、優香さんが「下巻は3時間で読みました」って言っていたのが、よくわかります。

次はツテが読むそうです。
あと、この本を買った時に書いた、私のブログを見て、母も「貸してね」って言ってました。

弟の奥さんも読書好きなので、おすすめしてみようかな?って思っています。
東野圭吾さんとか、結構好みが私と似ているから、どうかな?

とりあえず、ツテが読んでからだね。
ツテには、ちょっと怖すぎるかも。
夜うなされて眠れなくなるんじゃないかと思って、心配です。

   
[ 2010/10/10 19:28 ] | TB(-) | CM(3)
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。